Pocket

【メール講座】
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

 

楽団の練習に参加していて
「どうやったらもっと
 上手くなれるんだろう」

「もっと音楽を突き詰めて
 充実した演奏をしたい」

「自分だけでなく仲間にも
 上手くなってほしい」

そんなモヤモヤを感じる
ことはありませんか?

たくさんのメソッドや理論が
世の中に溢れていますが、
何をどんな風に伝えることが
本当に自分や仲間の上達の
役に立つのでしょう。

●このメール講座では

・実際の身体やココロの
 仕組みに沿った奏法についてや
 練習の組み立て方

・表現したい音楽のヒントを
 楽譜から読み取る方法

・周りの音とアンサンブルを
 するための耳の使い方

など、
演奏やレッスンをするときに
知っておきたい音楽の基礎スキルや
その身につけ方を書いています。

●このメール講座を読むと

管楽器の呼吸や姿勢など
楽器と身体の仕組みがわかり
奏法が無理なくラクになる。

何となくの経験や感覚だけに
頼らず自分で楽譜が解釈
できるようになる。

何を注意して音を聴くと
どうアンサンブルに影響するか
わかって自分だけでなく
周りの仲間も含めて
演奏の質が向上する。

そんな効果を期待できるよう
内容を構成しています。

●基礎がないため苦労する方を
 たくさん見てきて

これを書いているわたし自身、
元々は吹奏楽部や
オーケストラサークルの出身であり
奏者としても
音大卒業後は講師としても
たくさんの合奏団体を
経験しています。

その中で楽器を始めた初期の段階で
知っておくとその後の音楽活動で
ケガやトラブルを招かず
続けられる方法を知る機会がなくて
故障によって演奏できなく
なってしまったり、

音楽の土台になる読譜の方法や
ソルフェージュを教えてもらう
機会がないために
自分では音楽を組み立てる
自信がないまま大人になって
音楽面は指揮者や先生に頼りきりに
なってしまったり、

ハーモニーとリズム以外に何を
合わせれば良いかわからないため
練習もかけた時間ほどの
上達を実感出来ていない、

そんなケースをたくさん見ており、
この状況を何とかしたい!と思い
レッスンや講習会を行っています。

●必要な方に届けきれない

とはいえ個人の活動ではやはり
限界があるので正しい知識を持って
きちんとしたレッスンを行える方が
趣味の楽団の中でも増えて行ったら
初めて音楽に触れるような
楽器初心者でも身近なところから
必要な情報を受け取れる機会が
作れるのでは、と思い

これを読む方ご自身の音楽活動と
その周りの方の未来のために
役に立てていただければ、
という願いを込めて
このメール講座を書いています。

●困った時に開くあなたの
 オリジナルの辞典として

ぜひ専用の受信ボックスを作って
いつでも使える引き出しの中の
アイデアとしてストック
しておいてください。

もっともっと楽しんで
長く音楽を続けられる方が
増えていきますように。

【メール講座】
 

 

 

 

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

 

【メール講座読者さんの声】

ありよしさん
はじめまして、いつもメール
楽しみに拝見しています。

今回のテーマは
とても参考になりました。

演奏している時に、どうしても
ブレスがうまくできず
息が続かない
ことが
ありましたが
自分なりに少し前かがみで
リラックスして少し体重を前の方に
して(つま先の方)演奏してみると
意外とブレスがスムーズに
できるような気がします
ので
実践していきたいと思います。

ありがとうございました。
これからも楽しみにしていますので、
よろしくお願いします。

≪小暮さん/サックス奏者≫

***************************************

ありよしなおこ先生、こんにちは。
いつもメール講座をお送りいただき
ありがとうございます。

初めてご連絡差し上げます。

私はピアノを勉強しておりますが
演奏やその表現方法は違う楽器でも
きっと共通点があるはず

と思って購読しております。

今回のテーマは私がまさに知りたかった
とてもダイレクトな内容
でしたので感激でした。

”狙った効果を出すために
気分とは関係なく的確な
楽器の操作をする必要がある”

ということを読んで
やはりそうなんだ!!
といつもモヤモヤ
していたところに明るい光が
差し込んだようでした。

また、私も
”悲しい場面は悲しい気分を持って
楽しい曲は楽しい気分で、
そうすれば奏法も自然に
そうなるかも?なんていう
あやふやな感覚で演奏していた”
のですが実際録音した音を
聞いてみると
全く反映されておらず、
こんなはずでは・・・と
がっかりしておりました。

しかも今まで本を読んだりしても
どうしてもわからなかった
軽やかなスタッカート
(軽く吹けばいいのではないのですね!
ピアノも軽いタッチで
弾けばいいのかと思っておりました。)
とレガート奏法とも
具体的に書いていただき、
本当にありがたかったです。

今日の講座で一歩先に進めそうです。

これからもメール講座
楽しみにしております。

≪N.Kさん/ピアニスト≫

***************************************

今日もとても興味深く
読ませていただきました。

私が中学のときに習ったのとは
全く逆の考え方。

でも試してみたら、
ありよしさんがおっしゃる方が
自然ですよね。

今週末シンフォニーホールで
大きな本番があり、
今日は午前中そのための
個人練をしていました。

メルマガに書いていただいたことを
意識しながらウォームアップすると
いつも以上にたっぷり
息が吸え、楽に響きます!

今週末のシンフォニーホールが
ますます楽しみになりました!

ありがとうございます(^^)♫

≪やすtbさん/トロンボーン奏者≫

【メール講座】
 

 

 

 

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。